協会概要

協会名
一般社団法人日本ユニバーサルマナー協会
活動内容
多様な方々の視点に立ち、行動する人々を増やすために私たちは活動しています。

1.教育(検定・研修)

ユニバーサルマナーを実践するための「マインド」と「アクション」を体系的に学ぶための検定や研修を行っています。学生から社会人まで、様々なニーズに対応した幅広いカリキュラムを用意しています。
  • ユニバーサルマナー検定
  • ユニバーサルマナーアカデミックプログラム
  • LGBTマナー研修

2.情報発信

ウェブサイト、各種SNSを通じてユニバーサルマナーに関する情報を発信しています。
  • 専門情報誌「Universal Manners Press(仮称)」※2016年度発行予定
  • メールマガジン「ユニバーサルマナー通信」(毎月配信)
  • Facebook&Twitter

3.普及

ユニバーサルマナーを実践する人・企業が一堂に会するシンポジウムや勉強会の開催や、子ども向けの体験型ワークショップなど。一人でも多くの方にユニバーサルマナーを知ってもらう普及活動を行っています。
理事
垣内 俊哉

代表理事:垣内 俊哉

株式会社ミライロ 代表取締役社長
日本財団パラリンピックサポートセンター 顧問

略歴

1989年生まれ、岐阜県中津川市出身。立命館大学経営学部在学中の2010年、 (株)ミライロを設立。障害を価値に変える「バリアバリュー」の視点を活かし、 企業や自治体、教育機関におけるユニバーサルデザインのコンサルティングを手がける。 2014年には日本を変える100人として「THE100」に選出される。 2015年より、日本財団パラリンピックサポートセンターの顧問に就任。 2016年に初著書「バリアバリュー」を新潮社より出版。

力石 寛夫

顧問:力石 寛夫

特定非営利活動法人日本ホスピタリティ推進協会 特別顧問
トーマス アンド チカライシ株式会社 代表取締役
玉川大学経営学部大学院 客員教授

略歴

早稲田大学を卒業後、米国・ポールスミス大学ホテル・レストラン経営学部へ留学。 同大学卒業後、約二年半に渡って、米国西海岸のマーク・トーマス・エンタプライズ社にて、 マネージメントトレーニングを受ける。 1972年、米国留学修行中に学んだホスピタリティを日本のサービス産業に広めたいと決心し、 教育訓練業務を開始する。本年で41年が経過する。   

竹中 ナミ

顧問:竹中 ナミ

社会福祉法人プロップ・ステーション 理事長
関西大学経済学部 客員教授
財務省 財政制度等審議会委員

略歴

1948年、兵庫県生まれ。重症心身障害の長女(現在40歳)を授かったことから、独学で障害児医療・福祉・教育を学ぶ。 1991年、草の根のグループとしてプロップ・ステーションを発足、98年厚生大臣認可の社会福祉法人格を取得、理事長に就任。 ICTを駆使してチャレンジド(障害を持つ人の可能性に着目した、新しい米語)の自立と社会参画、とりわけ就労の促進を支援する活動を続けている。

酒向 正春

顧問:酒向 正春

健育会竹川病院院長補佐 回復期リハビリテーションセンター長
デンマークオーフス大学病院 脳神経病態生理学研究所 客員教授

略歴

1987年、愛媛大学医学部を卒業後、脳神経外科医となる。初台リハビリテーション病院の脳卒中診療科科長となり、脳神経外科医からリハビリテーション医へ転向。高齢者や障害者に優しい街づくりを基盤とした「健康医療福祉都市構想」を提言し、山手通りに初台ヘルシーロードを整備。2012年には世田谷記念病院を新設し、二子玉川健康医療福祉都市整備に尽力した。2016年、練馬健康医療福祉都市構想委員会を立ち上げ、練馬区大泉学園地区に健康医療福祉の街づくりを始動。

所在地
大阪府大阪市淀川区西中島3-8-15 EPO SHINOSAKAビル 8F
地図を表示
連絡先

Tel : 06-6195-4466 / Fax : 06-6195-7854

Mail: